上高地行きの「さわやか信州号」が満席でも諦めるな!

首都圏に住んでいて、山登りのために上高地へ行く方の多くは、東京から上高地への直行便がある「さわやか信州号」を利用しているはずです!

このバスは22時くらいに東京を出発し、車中泊をして翌朝5時過ぎに上高地バスターミナルに到着します。この時間帯から登り始めれば、槍ヶ岳にも穂高岳にもその日のうちに登頂することができますし、行動時間が増え、計画を立てやすくなります。

もし「さわやか信州号」以外で上高地へ行くとなると、朝6時半くらいの松本発の電車で新島々駅へ行き、そこでバスに乗り換えて上高地バスターミナルに向かわなければなりません。

これですと到着するのが遅くなってしまいますし、松本で1泊する必要があったり乗り換えがあったりしてとても面倒です。

よって、首都圏に住んでいる方にとって直行便の「さわやか信州号」はとても便利なのです!

しかし、それが故に繁忙期にもなれば満席で早く予約しないと席を確保できなくなります。

「さわやか信州号」はそこまで本数が多くありませんし、そもそも東京から直接上高地へ行けるバスが「さわやか信州号」しかありませんので、上高地を目指す人の多くは必然的にこのバスを選ばざるを得ないのです!

実際に私も経験したことがありますが、週末や夏休みなどの時期に「もう満席で予約できなかった…どうしよう」なんていう経験をしたことがあるのではないでしょうか?

満席だと直ぐに諦めてしまいがちですが、実は出発地を変えれば予約できてしまうことがあるのです!

 

東京の出発地は「新宿」だけじゃない!

「さわやか信州号」と聞くと、新宿発しかないと思い込んでいる方が意外と多いのですが、実はそれ以外の場所からも出ています!

具体的には、東京駅(東京駅八重洲南口)と渋谷(渋谷マークシティ、二子玉川ライズ・楽天クリムゾンハウス)からになります。

もちろん、新宿発の便とは違う便になります!(時間帯はほぼ同じ22時台)

さらに、埼玉在住の方や東京でも埼玉寄りに住んでいる方は、大宮駅川越駅からも「さわやか信州号」が出ていますので、そちらを利用する方法もあります!

これまで「さわやか信州号」=新宿発と思い込んでいた方は、これでだいぶ選択肢が増えましたし、チャンスが増えました!

もし現在、新宿発の便で希望の日にちが満席の場合には、ぜひ東京駅や渋谷などから出発する便を検索してみてください!

これが意外と空いているんですよ!!!

もし空いてたら、一気にテンション上がっちゃいますよ!

それでも空いてなかったら、残念ながら日にちを変えるか、「さわやか信州号」を諦めなければなりません。キャンセル待ちでもいいですけど、なかなか難しいですね。

また、別の方法として、東京から一度平湯温泉バスターミナル行きの夜行バスに乗り、翌朝そこから上高地へ向かう方法もありますよ!松本→新島々→上高地という行き方よりは楽だと思います!

どちらにしても「さわやか信州号」よりも楽な行き方はありませんので、日にちや出発地を変えたりして最後まで諦めずに頑張ってみましょう^ ^

さわやか信州号の公式サイト


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA