持ち物リスト

いつも旅行の際に持ち歩いている装備を簡単に紹介したいと思います。最近の国内での旅行スタイルはテント泊をしながら、時には登山をしながら、あまり先の予定は立てずにその場その場の直感で目的地を決めています。

テント泊をするのでどうしても登山用品が多いですが、登山用品は日常生活でも役立つ物ばかりで携帯性&機能性に優れています。


Arc’teryx Miura 50

ニュージーランドのアウトドアショップで購入したバックパック「Arc’teryx Miura 50」は全体的に黒を基調としており、デザインが魅力的だったので機能面は考えずにとりあえず買ってしまった。

容量は50Lだけど思ったより沢山の物が入りなかなか使い勝手が良く気に入っている。数日のテント泊だとテントと寝袋、マットでだいぶ容量がなってしまうが、持っていく物を少し減らせば問題なし!とにかくデザインが魅力的なバックパックだ。

 

モンベル ステラリッジテント1型

今使っているモンベルの登山用テント「モンベル(mont-bell) テント ステラリッジテント 2型 [1~2人用] サンライトイエロー 1122476-SUYL」はシングルウォールではなく、ダブルウォールなので冬場のキャンプでも問題なく使えるし、雨も全く侵入してくることなく機能面抜群のテント。

ただ、色が虫が好む黄色なので夏場に山の中などでテントを張ると虫が沢山寄ってきてしまう。

このテントは1型なので1人用だけど、個人的にはもうちょっとスペースが確保できた方が良いので2型を断然オススメする。今更ながら1型を買ったのを後悔している。。。

 

モンベル スーパースパイラルダウンハガー

テント泊に欠かせない「寝袋」は下手したら命に関わるのでしっかり決めなきゃいけない。モンベルの「モンベル(mont-bell) スーパースパイラルダウンハガー♯3 バルサム R/ZIP BASM [最低使用温度-10度]」は最低温度-10℃まで耐えることができるので国内のほとんどの場所で使うことができる。夏でも標高の高い場所などで寝る場合にはとても重宝する。

 

モンベル U.L.コンフォートシステムパッド150

もう1つテント泊で大事なのが寝袋の下に敷くマットで、これがあると無いとでは全く寝心地が違う。何も敷かないで直に寝袋で寝ると下がデコボコして痛かったり、何よりも冷たくて全く寝れない!

買うときに銀色のウレタンマットと迷ったけど、寝心地重視ということで空気入れて使うマットにした。しかし、このようなマットはバックパックに入れて持って行く必要があって、容量をとるのではっきり言って邪魔。ただ寝心地はとても良い。だけど携帯性が悪い。。。

 

JETBOIL MiniMo

JETBOILは機能性抜群でビックリするくらいお湯が直ぐ沸く。もちろんクッカーとしても使えるけど自分はお湯を沸かすためだけに使っている。JETBOILはいくつか種類があるけどSOLなどはデカすぎて邪魔で、一番良いのがこのMiniMoというやつ。ちょうど良い大きさやとろ火が使えるところが魅力的。

JETBOILはアルミ製とチタン製があって、アルミ製は熱伝導が良いので直ぐにお湯が沸くがチタン製より重い。逆にチタン製は熱伝導は悪いけどアルミ製より軽い。これは使う人によって好みが分かれるけど、僕は断然アルミがオススメ。アルミは重いとは言ってもそこまでチタンと変わらないし、チタンはお湯が本当に沸きにくい。

このMiniMoもアルミ製!

 

ユニフレーム 山クッカー 角型 3&チタンサーモマグ 300&野箸

ユニフレーム(UNIFLAME) 山クッカー角型3

クッカーはテント泊などでラーメンを作る時などに役立つ料理器具。もちろん、JETBOILだけでもラーメンは作れるけど、連日のテント泊だと油汚れを落とすことができないので僕はJETBOILではなくラーメン用のクッカーを別に持って行く。

k1124518

このモンベルのチタンサーモマグはチタンで熱伝導が悪いせいか、熱湯を入れてもコップが熱くならないので非常に使いやすい。大きさもちょうど良くてデザインもシンプルで良い!

モンベル(mont-bell) 箸 野箸

ラーメンを食べるにはフォークよりもやっぱり箸が一番!ステンレスで錆びにくく、半分に収納できるので小さくなって携帯性に優れている。

 

ハイマウント  ファイヤースチールアーミー BK 26011

なかなかファイヤースターターを知っている人は少ないと思うけど、これはマグネシウム棒を擦ることによって簡単に火をおこすことができる優れもの。ライターやマッチが無くてもこれで一発!濡れてても火がつくというのがポイントで、なんと飛行機にも機内手荷物として持ち込むことが可能。

 

DJI Phantom 4

ドローンを持っていると旅先で絶景などに出会った時などに飛ばして遊ぶことができる。今のところ、やっぱりドローンはDJI社のPhantomで、抜群の安定性で初心者でも飛ばせるのが良い。最新の機種はすでに4K撮影可能なカメラが搭載されているのでGoProなどのカメラは不要。

さらに手元のFPV機能を使えばリアルタイムで空撮映像を確認することが可能だ。自動追尾機能やスポーツモードなど、これ一台あればドローンライフを満喫できる。

 

Apple MacBook Pro Retina 13

AppleのMacBook Proは本当に便利で、写真や動画の編集には持ってこいのPC。特にドローンで撮った4Kの映像を編集するにはハイスペックさが要求され、このPCは十分に役割を果たしてくれる。編集が無ければMacBook Airでも十分事が足りる。Airの方が小さいので携帯性には優れている。

 

ASUS ZenFone Go

台湾メーカーASUSのZenFoneはなかなか高機能でよくできているスマホ。その最新機種がZenFone Goで、もちろんSIMフリーでさらにSIMスロットが2つあるので、以外と便利。iPhoneよりも電波の感度が良く通信速度が速く感じる。

 

三井住友VISAカード&三菱東京UFJ銀行クレジットカード


三井住友VISAクラシックカード

まずはクレジットカードのスタンダード「三井住友VISAカード」。もう5年くらい使っているカードで使えば使うほどポイントが付いてTOHOシネマズなどの映画館でタダで観れたりする。滞納せずにしっかり使っていればそのうちゴールドカードの招待もくるはず!

 

そしてもう1枚オススメなクレジットカードが三菱東京UFJ銀行が発行している、「キャッシュカード」「クレジットカード」「PASMO」の3つの機能が1つにまとめられたカード「スーパーICカード TOKYU POINT PASMO「三菱東京UFJ-VISA」」で、これ1枚で日本国内ならほとんど用を済ますことができる。

さらにPASMOに関しては自動チャージ機能(設定している額を下回ると自動的にチャージしてくれ、クレジットカードとして翌月引き落とされる)が付いているので非常に便利。

 

Universal Power Bank EX 52000mAh

52000mAhという大容量のモバイルバッテリーで、重いので携帯性には欠けるけどテント泊の時にはなるべく持って行くようにしている。スマホを約30回充電可能で、タブレットやPCまで充電できるのでアウトドアでは効果を発揮してくれる。ただ唯一飛行機に持ち込めないのが残念。大容量で小型なモバイルバッテリーが早く発売されるのを待っている。。。

 

モンベル ドロワットパーカ & プラズマ1000 ダウンジャケット


mont-bell ドロワット®パーカ Men’s 1102452 SURD サンラズレッド M

モンベルのハードシェルの中でも良いやつで、表地はゴアテックス2レイヤーで冬季の登山でも十分その機能を発揮してくれる。これ1枚あれば暖かく重宝しているアイテムの1つ。

 


mont-bell プラズマ1000ダウン ジャケット(男女兼用) 1101460 BK ブラック XS

超軽量なのに驚くほど暖かい、機能性抜群のダウンがこのモンベルの「プラズマ1000 ダウンジャケット」。携帯性に優れているので何処へ行くにも持っていけ、これさえ持っていれば後は要らないくらい凄いダウン。

 

Earin

正直、イヤホンはコードがめちゃくちゃ邪魔!未だにコードが付いてるなんて時代遅れだと思うけど、まだ一般的に発売されているのはコード付きのイヤホン。このEarinはそのコードが付いていないBluetoothを利用している音楽専用のイヤホン。

Bluetoothイヤホンは何種類か販売されてるけど、それらはどれも電話を利用するビジネスマン向けに開発されているので、どれもマイクが付いていてダサい。間違いなくこれからはコードがないイヤホンが主流になってくるはず。

 

iPad mini4

iPad miniはやっぱりサイズ感が良い!電車の中やカフェなどでWeb検索や動画配信サービスを利用して動画を観たりする際には持ってこいのデバイス。テント泊の際に電子書籍を入れておけば暇な時間に読むこともできるし、1人のテント泊はとにかく暇が多いので重宝している。

 

NIKE FUELBAND SE シルバー

NIKEのFUELBANDは登山の時に非常に役立つ。登山中はスマホをバックパックに入れている場合が多く(特に雨の日など)、腕時計はもちろんしていないので一体何時なのか時間が分からないが、これをしていれば時間と運動量が分かる。またデザインも個人的に好きなのでよく付けている携帯品。

NIKE+ FUELBAND SE シルバー M/L

 

フレックスウォーターパック 2.0L

これは折りたたみ可能な水筒で、登山時は水筒は邪魔なので持って行かれないけど、これなら水を入れていない時は小さく折りたためるので全く邪魔にならない。

モンベル(mont-bell) 水パック フレックスウオーターパック2.0L アクアブルー 1124626-AQBL

 

SONY Cyber-shot RX100 IV 

個人的にカメラに求めるものは「小型」で「高画質」で「ズーム」が優れていること。正直、一眼レフはもう時代遅れでとにかく持っていて邪魔。このコンデジは今販売されている中で一番と言っていいほど凄いカメラ。性能は一眼レフとそこまで大差がなく、動画も4Kで撮れるので最高。

 

 

基本的にDJI Phantom(ドローン)を除いて、紹介した物は全て一番最初に紹介したバックパックに詰めることができる。この他にもPCなどを充電するための各種ケーブルや着替えなども持って行っており、大体いつも荷物が15kg位になる。