JETBOIL×ファイヤースターター

JETBOILという優れもの

mini_lineart

JETBOIL(ジェットボイル)は登山用クッカーで熱伝導がとても良いのですぐにお湯が沸き、−6℃という寒さの中や高地でも問題なく使えるという優れもので、その使い勝手の良さから多くの登山者が愛用しています。

そのJETBOILにも幾つか種類があって数人用のものから1人用のもの、ただお湯を沸かすだけのものからちょっとした料理が出来るものまで人数や用途に合わせた幅広いラインナップがある。

僕が普段使っているのはJETBOILの中でも新しいモデル「JETBOIL MiniMO (ジェットボイルミニモ) 」というやつで、これは主に1人用で広口カップ、そしてJETBOILの中で唯一とろ火調節が出来るためちょっとした煮込み料理をするのに適しているんです!

さらにこのMiniMoには点火イグナイターが備わっているのでライターやマッチを持っていなくても点火することができてとても便利。

 

ファイヤースターターという優れもの

DSCN3201

日本であまり聞き馴れないファイヤースターターは、MontbellなどのアウトドアショップやAmazonでしか売ってないのでアウトドアに興味がない人はその存在自体も知らないはずです。

このファイヤースターターとは「火打石」のことで、ライターやマッチが無くても棒状のマグネシウムを擦ることによって簡単に火を起こすことができる優れもの。火を起こすことができると言っても火花を散らすことができる程度でライターのように使い勝手は良くないけど、雨が降って濡れていても簡単に火を起こせるのでこれさえ持っていれば火を起こす事に関しては問題無いんです。

私が使っているのはハイマウント(HIGHMOUNT) ライトマイファイヤー ファイヤースチールアーミー BK 26011というやつで、他のファイヤースターターよりも値段が高いものの火が付きやすく12000回以上使用できる信頼あるもの。数回練習すれば一発で火を付けられるのでとても重宝しています。

 

JETBOIL×ファイヤースターターは便利!

点火イグナイターが付いているJETBOILでも高地などではまだまだ火の付きが悪く、ライターやマッチなどを持っていかないと付かないことが多々あります。

しかし、ライターやマッチなどは高地だと使えないことがあるしゴミも出る。そこで便利なのがファイヤースターターで、これは先程も紹介したように環境が悪いところでも全く問題なく火を付けることができる上にゴミも出ません。

ファイヤースターターでJETBOILに火を付けるには、ガスを適度に出してそのガスが出ているところの上でマグネシウムの棒を勢いよく擦らせると簡単に火が付きます。最初はなかなか付かないのでコツがいるんですけど、慣れてしまえば一発で付くようになりますよ!

 

 

もはやJETBOILには必需品となっているファイヤースターターは本当に便利です!

まだまだ知らない人が多いこの「ファイヤースターター」は飛行機にも問題なく持ち込めるので、海外旅行や海外で登山をする人にも持ってこいのアイテムですね。

また、Amazonでは数百円から買うことができるので是非買ってみることをお勧めします!とにかくコストパフォーマンスがとても高くて便利なのが良いのです。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA