妨害電波を出す圏外旅館!

妨害電波を出していて、インターネットが一切繋がらない「圏外旅館」が出てきてほしい!

「星のや」など、部屋にテレビを取り付けていない旅館はいくつか知ってますけど、妨害電波を出してインターネットまで使えなくしている旅館にこれまで行ったことがないですし、聞いたこともありません。

せっかくの旅館での滞在、個人的にはテレビは要らないと思いますし、わざわざ各部屋に置いている理由もわかりません。実際、星のやには「部屋にテレビを置いてくれ!」っていう要望が少なからずあるらしいのですが、そこはあえてテレビを置かないようにしているそう。

いくら宿泊客が要望しているからと言って、全てその通りにしてしまったら、その旅館の味がなくなってしまうし、そんな旅館は正直言って面白くないですし泊まりたくないです。

「テレビが置いてないとヤダ!」という人は、部屋にテレビが付いている旅館に泊まればいいですし、逆に「部屋にテレビなんて要らない!」という人は、星のやのような旅館に泊まればいいのです。



 

現在ネットが繋がらない宿

今では、インターネットが使えない宿は珍しくなりました。

日本全国どこへ行ってもNTTドコモなどの電波が飛んでいますので、恐らく95%以上の宿はネットが使える環境にあると思います。実際、宿泊先でネットが繋がらなかったという経験がある人は少ないのではないでしょうか!?

本当に山奥にある宿や、「秘境」と呼ばれているところにある宿、山小屋などは今もネットが繋がらない場合が多々ありますよね。そのような宿は地理的に電波が届かないだけであって、意図的に電波をキャッチしてないわけではありません。

でも、いずれはそれらの宿にも電波が届くようになる可能性も高いですし、時代が進むに連れてきっと日本全国、山奥に居ようが秘境に居ようがネットに接続できる日が来るでしょう。

 

圏外旅館の出現!?

今後はネットが繋がらない宿、厳密に言えば、ネットに接続させないようにする宿が出てくることを個人的には待ち望んでいます。いわゆる圏外の旅館ですね。しかも、本来普通に電波が飛んでいる場所のなかにある圏外旅館になります。旅館自ら圏外をつくり出すのです。

あ、もちろんテレビも置いてない旅館です!

でもその代わりに、旅館は宿泊客が快適に滞在できるような工夫をしなければなりません。テレビもネットも出来ない状態で、やることが何もなかったら意味がありません。なにかその旅館でしか出来ない体験だったりを提供する必要があります。

特に、昨今は外国人観光客がたくさん訪れていますので、彼らには日本でしか体験することができない” 何か”を提供すればいいと思いますし、とにかくネットがなくても居心地がよく滞在できる空間を設けたらいいと思います。

ネットに繋がらないだけで気分がスッキリする人って多いと思いますし、LINEやメールを確認しなくて済んだり、誰からも連絡が来ることもないので、自分と真剣に向き合う時間をつくることもできます。

 

ジャマーで電波を邪魔(じゃまー)する!

個人でもやろうと思えば、妨害電波って出せるんですよね。

ジャマーという膨大電波を発する装置を使えば誰でもスイッチ一つで圏外を作り出せます!

ネットで見つけたあるサイトの管理人は、ちゃっかりポケットにジャマーを忍ばせて、電車の優先席付近でスマホをやろうとしていたらわざとスイッチをONにして妨害電波を出しているそうです。そうするともちろん、ネットも出来なくなりますし電話もできなくなります。

でも、これは許可を受けていない個人が勝手にやってしまうと電波法に触れてしまいます。一般的にこのジャマーを設置できるのは映画館や病院、劇場などの電波を遮断することが必要な空間に限定されており、電波を遮断することが事業の遂行を確保すると認められる場所にのみ設置可能ということです。

つまり、現段階では旅館にジャマーを取り付けるのは難しいということです。電話を遮断することが必要な空間ではありませんし、電話を遮断しなくても十分事業を遂行することができるからです。

 

圏外旅館は難しい

故意的に圏外をつくりだすのは可能ですが、法律的にはどうやら難しそうですね。。。

個人的には圏外にすることで、ほかとは違った空間を提供できて良いと思うんですけど、なかなかそう簡単にはいかないようです。

ですので、もし圏外旅館を誕生させようとしたら、いま実際に圏外になっている地域や場所に新しく旅館をつくるしか方法がなさそうです。

こんな時代ですから、少なくとも都会から圏外を求めてやってくる人はいると思いますし、それなりに需要もあると思うんですけどね。これからは特に。