海外ドラマが面白い理由とは?

海外ドラマは本当に面白いですよね。(ここではアメリカのドラマを指す)

面白すぎて国内のドラマなんて正直もう観れないですよ…..笑

日本の全チャンネルのドラマの枠を全部海外ドラマにしたほうが視聴率取れるんじゃないですかね?最近は本当にそう思っています。どうせ日本のドラマなんて誰も観てないですから、いっそのこと全部海外ドラマにしちゃいましょう!

さて、そもそも何で日本のドラマはつまらなくて(個人的な意見)、海外のドラマは面白いのか。もちろん、海外ドラマでもつまらない作品はありますけど、それでも日本のよりは全然マシですよね。

国内と海外のドラマで一番違うのは、やっぱり制作費ではないでしょうか?


海外ドラマの制作費は莫大!

正直な話、国内のドラマと海外のドラマの面白さが決定的に違う理由は制作費に尽きると思います。全然お金の掛け方が違うんですよね。多分、日本の映画よりもアメリカのドラマの方が制作費が掛かっていると思います。

そもそも、海外ドラマが莫大な制作費を掛けて制作できる理由は、市場が世界だからです!

日本のドラマって基本的には日本人しか観ませんので、市場が国内のみです。日本国内の1億人の市場と世界の数十億人の市場とでは圧倒的な差がありますよね。日本のドラマはもちろん日本語ですから、よその地域では簡単に放送することができません。一方、海外ドラマは英語で制作されていますので、世界中の人によって観られるのです。

単純に、国内と海外のドラマも差は市場が国内だけか世界かによるもので、海外ドラマは世界中でお金を稼ぐことができますので、それは日本のドラマよりもはるかに莫大な制作費を使うことができます。制作に莫大なお金が使えれば、言うまでもなく面白い作品が生まれる可能性は高くなるのです。

よく、海外ドラマの主役はたった1話の出演で数千万円貰っているなんて言われており、例えば大人気ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』の主役を演じているキーファー・サザーランドは、1話あたり5,200万円以上の報酬を貰っていたそうです。これらの報酬はもちろん制作費から支出されるものです。

ですので、彼らの出演料が高いのはそもそも制作費が莫大だからということになります。

さらに、アメリカのTV業界の仕組み(シンジケーション市場)も、海外ドラマに莫大な制作費を投入できる理由になっているのです。

 

規模が違う!

これは制作費にも直結してくる話なのですが、そもそも国内ドラマと海外ドラマを比べるとドラマ自体の規模が全然違うのがよくわかります。

国内ドラマは少ない制作費の中から、なんとか工夫して面白くするしか方法がなく、大掛かりなことや派手なことはできません!しかも、最近は世間もうるさかったり、役所は融通が利かなかったりしますので、結局お金も足りず最低限の協力しかしてくれないため、面白い作品は生まれないのです。

一方、莫大な制作費がある海外ドラマは違います!

爆発シーンでも派手に演出することが可能ですし、1秒あたり結構なお金が掛かる最新CGなども、どんどん使うことができるのです。

しかも、アメリカは行政なども比較的協力してくれる傾向にあって、これまた『24 -TWENTY FOUR-』の話なのですが、シーズン3と4には驚くことにアメリカの海兵隊が撮影に協力してくれて、実際に戦闘機やヘリコプターを飛ばしたり、海兵隊員が撮影に参加してくれているのです。

やっぱり本物が撮影に参加してくれればリアル感満載ですし、迫力があって面白い作品になるのは当たり前ですよね。

日本なんて、もちろん自衛隊が戦闘機を飛ばすなんて言ったら、「私たちの税金で飛ばすのか?」とか「そんな事してないでもっと訓練しろ!」なんて言われて協力することなんて不可能ですよ。

これは制作費が違うからできることかもしれませんが、やっぱり日本のドラマと海外ドラマを比較してしまうとやっぱり規模がまるで違います。

 

キャスティングが良い!

日本のドラマがつまらない理由の1つに、出演者のキャスティングがあると思います。

とにかくTV局は視聴率重視ですので、演技が上手かろうと下手だろうと、人気のある人物(役者を問わず)を出演させるのです。その時々で人気のあるアイドルのメンバーとかジャニーズとか、人気モデルとかがいい例ですね。

結局、人気があれば演技が下手だろうが関係ないんです!視聴率さえ取れればそれで良し!なんていう考え方がおそらく面白くない理由だと思います。

それに、同じ役者の使い回しも顕著ですよね。このドラマが終わったと思ったら、次はあのドラマに出てるよ!なんていうことが結構あります。これは実は海外ドラマでも同じで、「あ、この人見たことある!」っていう場面がこれまで何回もありました。

ただ、これを繰り返しているとさすがに飽きると言いますか、演技が上手ければ問題ないのですが、下手で人気しかない人が繰り返し出ていると見る気は失せますよね。

本当に日本のドラマは出演者が最悪です!目の前の視聴率狙いのキャステイングが見え見えですので、それは視聴率が一桁台に落ちますし、ドラマが面白くないわけです。

それに比べて、海外ドラマも多少の使い回しはありますけど、演技の上手い人がしっかり主役を演じていたりします。どれだけ売れている役者でも基本的にはオーディションで役が決まりますので、そこも日本とは大きく異なるところです。

 

海外ドラマは最高!

何度も言いますけど、海外ドラマは本当に面白いんです!一度観てしまったら国内のドラマなんて観れたもんじゃありません!いかにつまらないかが理解できると思います。

最近はあまりテレビでは放送されなくなりましたけど、ネット上には幾つかの動画視聴サイトがあり、そちらの方で海外ドラマは見放題ですので、海外ドラマ好きな人は必見ですね!

ちなみに、私が2011年頃からずっと重宝しているサイトがHuluというサイトになります。月額933円払うことによって色々な種類のドラマが見放題となります。(お試し期間あり!)

過去に書いた以下のページでも動画視聴サイトを比較していますので、是非チェックしてみてください!

利用者が年々急増!話題の動画配信サイト(VOD)を厳選して徹底比較!