キュレーションやアフィリエイトのせいでネット検索の情報は当てにならない!

 

今や、ネットで検索して表示される結果は当てにならないですね。

実際にGoogleなどで検索してみると、ワードにもよりますけど、圧倒的な確率で1ページ目にはキュレーションサイトと呼ばれるいわゆる「まとめサイト」が上位を占めています。特に旅行や健康関連のワードを検索するとそれが顕著です。

そして、たとえキュレーションサイトが表示されない分野のワードでも、1ページの上位に表示されるサイトは「アフィリエイトサイト」の可能性がとても高いです。

アフィリエイトサイトとは、簡単に言うと、サイト内に広告を貼ってその見返りとして報酬を貰っているサイトのことを指します。これは今ほとんどのサイト運営者が実際に導入してると思います。

えぇ、このサイトでも導入していますよ!

 

このキュレーションサイトやアフィリエイトサイトの運営者は、検索1ページ目の上位にサイトが表示されるように日々試行錯誤しているわけでありまして、俗にSEO(検索エンジン最適化)なんて言われてますけど、1ページ目の上位に表示されるということは、つまり、それだけ多くの人がそのサイトを見てくれるということに繋がります。

そして、大勢がそのサイトを訪れれば、サイト内の広告をクリックしたり購入したりする確率が高まる訳ですので、キュレーションサイトもアフィリエイトサイトも報酬目的で1ページ目上位を目指しているのです。

しかし、それによって二次情報だけをまとめた質の低い記事や、アフィリエイターが書いた長文の記事がページ上位に表示されやすくなっていて、本当に有益な情報や本当に優れた商品などが検索結果に反映されにくい事態になってしまっているのです。

 

スポンサーリンク

 

キュレーションサイトが正直ウザい!?

キュレーションサイトとは、すでに紹介したように「まとめサイト」のことです。

おそらく多くの人もネットで検索した時に見たことがあるのではないでしょうか!?

よくあるのは、「〜◯◯選」といった感じの記事ですね。

「絶景スポット◯◯選!」とか。

ちなみに、上記の画像(スクリーショット)は「日本 観光」とネットで検索した時に表示される検索結果(上位4記事)になります。見事に「まとめ」とか「◯◯選」といった文字が並んでいますね。これがいわゆるキュレーションサイト・まとめサイトと呼ばれるやつです。

これらのサイトを運営している主な目的はアフィリエイト(広告)報酬で、とにかく1ページ目の上位にサイトを表示させて膨大なアクセスを集めているのです。そして、上位表示させるためには圧倒的なページ数や情報量が必要になってくるわけでして、そのためにいわゆる「外注」することで一般の人達に記事を書かせているのです。(自ら書いている人もいますが…..)

一般の人が外注として記事を書く理由も、やっぱりお金(報酬)なんですよね。

例えば、10記事書いたら10,000円とか、◯文字以上の記事を書いたら◯◯円とか、ネット上で仕事を発注・受注することが可能なクラウドソーシング(ランサーズクラウドワークスなど)では、そのような仕事の募集がたくさんあります。

今は副業としても、このようにネットで記事などを書いて収入を得ている人がたくさんいますから、需要と供給がマッチしている状況ですね。

他にも、PV(ページビュー)に応じて報酬を払っているキュレーションサイトもあります。

毎日のように膨大なページが追加されているので、それはサイト自体が上位表示されやすい状態にありますし、サイト全体のアクセスも半端ないと思います。

 

二次情報の宝庫!

このようなキュレーションサイトって意外と便利なんですよね(笑)

実際に自分も使ったことがありますし、地方などに観光へ行った時にちょこっと観光地を探す時なんかにとても役立つんですよ。まとめサイトですので、基本的に調べたい情報がまとまっていますので、目的を果たしてくれることが多々あります。

ただし、これらキュレーションサイトの大部分の情報はネットから集められた二次的な情報ですので、その情報が正確かどうかはわかりませんし、とにかく誰かが書いた記事を引用していたりするので、情報にオリジナリティはありません!

まとめサイトですので、ただまとめられているサイトと捉えればそれまでですが。。。

古い情報だったりする可能性も高いですので、あまり当てにならないと言いますか、参考程度に使う分には適しているんでしょうけど、これらの二次情報でまとめられた記事・サイトの信頼性はとても低いですね。

 

記事を書いてるのが素人

これらキューレーションサイトの記事を書いている人は基本的には素人です!

その記事の分野に精通している人でなければ、全く興味がない人が書いている場合だってあります。まとめサイトですので、ただインターネットで検索して探してきたのをまとめるのが仕事ですから、要するに誰だって出来るわけです。

例えば、キュレーションサイトの代表とも言えるのが旅行系のまとめサイトで、よく目にするのは「こんな絶景が国内にもあった!◯◯の絶景スポット15選!」みたいな記事。

この記事は国内の素晴らしい絶景スポットを15ヶ所ほど厳選して記事にしているのですが、書いている人(まとめている人)は明らかに全部行ったことがない人がほとんどです。もちろん100%ではないかもしれませんが、普通に考えて全部行ったことのある人が書いているとは思えません。(記事の内容を見てもそう思います)

ネットで拾ってきた画像や記事を引用し、あとはちょこっと感想を簡単に書いてリンクなどを貼るだけですね。

えぇ、これは別にちょっと調べることができてまとめられれば素人にだって簡単にできます!あとは作業量と慣れの問題で、100記事以上作成している人だっていますよ。

ですので、このようなキュレーションサイトを書いている人は基本的に素人だと思って間違いないですし、記事を書いた本人が実際に経験したりしたこと(一次情報)ではないので、ただ単にネット上の信頼性に欠ける、内容の薄い記事のまとめだと理解しておいたほうがいいでしょう。

 

1ページの上位をほぼ独占

すでに書きましたけど、このようなキュレーションサイトは膨大な情報量が詰まったサイトですので、GoogleやYahoo!で検索すると1ページ目の上位に表示されていることが多く、ほかの有益な情報を含んだサイトがなかなか上位表示されませんね。

Googleのサーチエンジンなどは有益な情報をいかに上位に表示させるのか、日々試行錯誤しているのでしょうけど、現段階では基本的に長文で上位表示させたいワードを記事に複数回散りばめられていれば上位表示されやすくなっていますので、キュレーションサイトはまさにその条件を満たしているのです。

よって1ページ目の上位にはこのようなキュレーションサイトが乱立してしまっているというのが現状です。

正直、ここまでキュレーションサイトが上位を占めていると邪魔に感じます。

正確な情報が手に入りにくいと言うか、基本的にどのキュレーションサイトも書いてあることが似ていたり同じだったりしますし、色々な情報が得られなくなってしまうんですよね。

 

アフィリエイトサイトも上位独占!

Googleなどで検索した時に上位に表示されるサイトがキュレーションサイトでなければ、アフィリエイトサイトの可能性がとても高いですね。アフィリエイトサイトは初めに紹介したように、アフィリエイト報酬(広告収入)を目的に作られたサイトのことで、一応キュレーションサイトもこれに分類することができます。

アフィリエイトサイトの運営者も、報酬目的ですからサイトに大量のアクセスを集めたいわけで、そのためにはやっぱり1ページ目の上位にサイトを表示させる必要があります。そうするとSEOが必然的に重要になってくる訳で、なるべく上位表示されるように長文で書くことを意識したり、上位表示させたいワードを記事内に散りばめたりして頑張っているのです。

それで、実際にGoogleなどの検索エンジンの検索結果と見てみると、上位表示されているサイトにはほとんどアフィリエイト(広告)が取り入れられています。

これは決して悪いということではないのですが、実は事実とは異なる情報を検索する人に与えてしまっていたりするのです。

 

アフィリエイトサイトに注意!

大体、ネットで検索して1ページ目に表示されるのはアフィリエイトサイトですね。

アフィリエイトを知っていて、普段サイトなどを制作している人なら簡単にアフィリエイトサイトだと見抜くことが出来るのですが、「アフィリエイト」という言葉自体知らない人も世の中には沢山いますから、その人達は残念ながらどれがアフィリエイトサイトなのかはわからないでしょう。

めちゃくちゃ簡単に言うと、広告が貼ってあればそれはもうアフィリエイトサイトですよ!

他にもリンク先のURLがASPが発行するものだったらとか、色々ありますけど、やっていない人にはそれはわからないですよね。

そもそもこれらアフィリエイトサイトになぜ注意しなければならないのかと言うと、本当に有益な情報をサイトを閲覧する人に与えていない可能性があるからです。

例えば、商品Aと商品Bがあったとして、商品Aのほうが値段も安くて優れていて実際に利用者からの口コミの評価も高かかったとしましょう。でも、アフィリエイトサイトのなかには、商品Aよりも商品Bのほうをおすすめしている場合があるんです!

アフィリエイトを知らない人は「なぜ?」と不思議に思いますよね。

サイトの運営者はもちろん報酬目的ですから、紹介する商品が売れれば報酬が入るわけです。そして、商品Aよりも商品Bをおすすめする理由としては、単純にアフィリエイト広告があるからです。

簡単に言うと、商品Aはそもそもその商品を販売している企業が広告を出していなかったりします。広告を出していないということはアフィリエイト出来ませんよね。

そして、商品Bのほうの企業は広告を出していますので、アフィリエイトすることができます。

サイトの運営者(アフィリエイター)は報酬を目的としていますので、紹介して売れても報酬が入らない商品Aよりも、紹介して売れれば報酬が発生する商品Bを紹介したがるのです。明らかに商品Aのほうが良いと分かっていても、最終的には商品Bのほうをおすすめするのです。

他にも、似たような商品があった場合には「売れると報酬が高い商品」を積極的に紹介しようとします。アフィリエイトは商品ごとに報酬が異なっているので、それはお金目的でやっている訳ですから、報酬が高いほうを自然と勧めたくなりますよね。

 

つまり、どの商品を買おうか迷ってネットで検索しても、本当に優れていて使える商品が紹介されていない場合があって、大して使えないのにその商品がまるでもの凄く使えるかのように宣伝されていることがよくあります。(もちろん、しっかり紹介している人もいますよ!)

要するに、サイトの運営者が儲かる商品が主に紹介されていて、それをそのサイトに訪れた人に買わせようと誘導しているのです。

なので、基本的にアフィリエイトサイトはサイト運営者のお金稼ぎのためのサイトですので、そこで商品を比較したり検討しても、偽の情報に騙されて真の情報を掴むことができないのです。

比較サイト(同じようなサービスが比較されているサイト)などは代表的なアフィリエイトサイトで、紹介されているサービス内容などはほとんどが正確な情報だと思いますが、最後の方の「おすすめ」とか「売れてる」とかで紹介されている商品に関しては疑問を持った方がいいでしょう。

それらはきっと、売れれば「報酬が高い商品」です!

そもそも、売れれば報酬が高い商品というのは、基本的には普通に売れない(人気がない)商品の可能性が高く、企業側も売れないからアフィリエイターに高額な報酬を与えてどんどん宣伝して売ってもらっているわけです。

 

もしそのようなアフィリエイターに騙されないようにするなら、サービス内容など自分で比較してみて自分で考えることが大事で、決して「おすすめ」とか「売れてる」とか誘惑するような言葉に惑わされないようにしましょう!

そのような言葉が出てきたら、騙される可能性がありますよ!

 

まとめ

正直、今のネット検索で得られる情報は当てになりません!

その分野に詳しくもない素人が書いた記事や、アフィリエイターが高い報酬を得るために紹介されている商品やサービスの記事が検索1ページ目の上位を占めていますので、検索する時にはしっかり自分で考え、見抜いて情報を得るようにすると良いと思います。